相続税の節税対策をお考えのお客様へ

平成27年より実質相続税の増税がはじまり、今後は相続税の大増税時代が到来するとも言われております。相続対策は昔から様々な手法が紹介されておりましたが昨今の少子高齢化や市場環境から考え無しの不動産を使った相続税の対策も危険であり不動産を活用しても想定通りの運用ができずに結果、相続税対策にならないなんてことも少なくありません。また相続税の節税対策も資産構成やお客様のお考え次第など個別の状況で対策方法が大きく異なります。まずはじっくりお話を聞くことが最優先ですが下記に代表的な続税の節税対策をお勧めしたいお客様の例を記載させて頂きますのでご参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

当社にて相続税の節税対策をお勧めしたいお客様

下記の条件、あてはまりませんか?

  • 都内等に自宅を所有しているが相続税がそもそも、いくらかかるかわからない。
  • 現金・その他金融資産が財産の大半を占めている。
  • 長男等、指定の相続人に資産・会社等を引き継ぎたい、勉強させたい。
  • 賃貸収入がない、または少ない不動産がある。
  • 不動産で節税対策をしたいが良い物件、悪い物件がわからない。
  • 不動産の投資知識がない、自信がない。
  • 遊休化している土地や活用に悩んでいる不動産がある。
  • 上記の条件の方で最近お父さんやお母さんが最近体調を崩した。(認知症の手前になっている等)

 

これらの条件に該当したお客様は一度当社の無料相談をご予約いただければと思います。

01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_s

より具体的なお話をお聞かせ頂きまして、どのような対策が考えられるか一緒に考えていきたいと思います。

 

denwabanar

 

私たちの相続対策コンサルティング

第一に、まずはじっくりお話を聞くところからスタートします。理由としましてはお客様の悩みの本質を理解したいからです。

最重要の目的が相続税の節税だったとしても、実は円満な遺産分割や納税資金の調達も不安に思っていたりと相続は多様な面で関連しているので、お客様自身も優先順位を見失ってしまっていることもよくあります。まずはお客様の本当のご希望をお聞きできるよう努力させて頂くことを前提とさせて頂きます。

 

denwa1

 

 

The following two tabs change content below.
豊田 伸一郎

豊田 伸一郎

取締役副社長 不動産・相続コンサルタントジーエルアールインベストメント株式会社
1975年生まれ 公認不動産コンサルティングマスター 相続対策専門士 外資系不動産ファンドにて不動産投資・開発・運用業務で総額1000億円以上の実績 現在は相続対策専門士として数多くの相続案件に取り組む。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする